Basic information about Ignatius Rake and Ninjin Art.

イグナティウス・レーキとニンジンアートの基本情報。

Ignatius Rake in his studio in Cornwall.
"Ignatius Rake used to make analogue collages. Now he uses a computer to create his creepy-crawly works."
DeepL thumbnail
DeepL
Online Translator

Ninjin is the Japanese word for carrot. Ninjin Art, meanwhile, is the website of Ignatius Rake, a former model and Bollywood stuntman.

Art

Originally an analogue collage artist, Ignatius Rake today creates digital artworks using the same cut-and-paste principles but employing modern technology to produce images that disconcertingly blend realism with the physiologically impossible.

Often parodying advertising and contemporary concepts of beauty, his alien-mutant creations dwell in the Uncanny Valley near the Cliff of Repulsion, being described in Japan as kimo-kawaii, or adorably gross.

Animation

As well as making static visual art, Ignatius Rake also produces musical animations and loop art.

Moreover, in May 2022, he won a Special Award at the 12th Unco Film Festival in Tokyo for his animation Unco Daisuki. More information here.

Video

Music is also a key component of Ignatius Rake's video output. In addition to making music videos for bands and musicians in the UK, Poland and Japan, he also creates music-driven short films.

Primarily factual in nature, these films typically focus on aspects of Japanese life and popular culture, although other subjects are also covered to a lesser degree.

Influences

Visually, Ignatius Rake is very influenced by Dada, Surrealism and, of course, the kawaii and kimo-kawaii aesthetics of Japan. Indeed, his favourite contemporary artist is Japanese punk-kawaii painter SaiakuNana.

Other artists he especially admires include René Magritte, Jean Arp, Otto Dix, Hannah Hoch, Andy Warhol, Cindy Sherman, Raoul Hausmann, Kurt Schwitters, Max Ernst, Georg Grosz, Francis Picabia, Henri Matisse, Piet Mondrian, Marcel Duchamp, Nobuya Abe, Gilbert & GeorgeShintaro Kago and Yuko Mohri.

He also greatly likes the animation of Terry Gilliam and Cyriak and the graphic art of Vaughn Oliver and Peter Saville.

Music, Writing & Travel

Ignatius Rake was a frontman and keyboardist with post-punk bands in the UK and Poland.

These days, he mainly produces electronic music under the name Hard-Drinking Peasant and as one half of Anglo-Polish production team DCV. He also makes funk music under the name Barry Nezumi.

Ignatius Rake is also a fully-accredited print journalist and editor. As such, he has reported on a raft of subjects, ranging from punk rock and packaging to artificial intelligence and competitive eating.

In so doing, he has travelled to 75 countries on six continents. A digital nomad, he divides his time between his native Cornwall, Poland and Japan.

Commissions & Collaborations

Ignatius Rake is always open to commissions and collaborations and will consider all budgets and artistic/musical genres.

So, whether you want an eye-catching video for your band or brand or a unique piece of art for you or a friend, please get in touch.

Newsletter

To keep up-to-date with the latest Ninjin news, art, animations, videos and T-shirts, please sign up to our email newsletter.

The typical frequency is no more than once a week; no information other than an email address is required; and you can freely unsubscribe at any time.

Japanese Translation

Ignatius Rake would like to convey a very big thank you to Cana Latte for helping him with the translation of this website. Please check out her excellent YouTube channel here. All translation mistakes by Ignatius Rake alone.

Thank you

Ignatius Rake thanks you very much for visiting Ninjin Art and hopes you will come again soon and tell all your friends about it. Until then, have a wonderful day. Thank you.

Unless otherwise stated, all texts, graphics, music, videos, animations and any other moving images on this website have been created by Ignatius Rake, who retains their full and exclusive copyright. No reproduction without written permission.

Any material created by other persons or entities, such as bands or musicians, appears here by kind permission. For more info on all that, please click here.

概要

ニンジンアートは元モデルでボリウッドのスタントマンであったイグナティウス・レーキのウェブサイトである。

アート

イグナティウス・レーキはかつてアナログのコラージュを制作していた。今はコンピュータを使ってキモカワイイ作品を作っている。

アニメーション

イグナティウス・レーキは静的なビジュアルアートのほかに、音楽中心のアニメーションと「ループアート」も制作している。

2022年5月、彼のアニメーション「うんこ大好き」は、東京で開催された第12回うんこ映画祭で特別賞を受賞した。 詳細はこちら

動画

イグナティウス・レーキの映像作品において、音楽は重要な要素である。イギリス、ポーランド、日本のバンドやミュージシャンのミュージックビデオを制作するだけでなく、音楽中心のショートフィルムも制作している。

これらのショートフィルムは、日本の生活や大衆文化の側面に焦点を当てているが、他のテーマも多少は取り上げている。

影響を与えるもの

視覚的には、ダダイズムシュールレアリズム、そしてもちろん、日本のカワイイ、キモカワイイ美学に大きな影響を受けている。彼が好きな現代アーティストは、日本のパンクカワイイ画家のさいあくななです。

他にも、ルネ・マグリットジャン・アルプオットー・ディクスハンナ・ホーホアンディ・ウォーホルシンディ・シャーマンラウル・ハウスマンクルト・シュヴィッタースマックス・エルンストジョージ・グロスフランシス・ピカビアアンリ・マティスピート・モンドリアンマルセル・デュシャン阿部展也ギルバート&ジョージ駕籠 真太郎毛利悠子など、彼が大いに尊敬するアーティストたちがいる。

また、テリー・ギリアムスィリアック・ハリスのアニメーションや、ヴォーン・オリヴァーピーター・サヴィルのグラフィックアートも非常に気に入っている。

音楽と文章と旅行

イグナティウス・レーキは、イギリスとポーランドのポストパンクバンドのフロントマン兼キーボーディストとして活躍した。

現在はHard-Drinking Peasantという名前で、イギリスとポーランドのプロダクションデュオDCVの一員として電子音楽をプロデュースしている。またBarry Nezumiの名でファンクミュージックを制作している。

またイグナティウス・レーキは、公認の印刷ジャーナリストであり編集者でもある。パンクロックやパッケージングから人工知能や、早食い大食いまで、さまざまなテーマで執筆している。

これまでに6大陸75カ国を旅してきた。デジタルノマドであり、生まれ故郷のコーンウォール、ポーランド、日本を行き来している。

コラボレーションと作品の依頼

イグナティウス・レーキは仕事の依頼や他のクリエイターとのコラボレーションに興味を持っています。予算やジャンルを問わず、喜んで検討させていただきます。

もしあなたのバンドやブランドのために人目を引くビデオが必要であれば、もしくはあなたや友人のためにユニークな芸術作品が必要であれば、ご連絡ください

ニュースレター

ニンジンの最新ニュース、アート、アニメーション、動画、T-シャツの最新情報をお届けしているメールニュースレターへの登録をご検討ください。

通常の配信頻度は週に1回程度。メールアドレス以外の情報は必要ありません。いつでも配信を停止することができます。

日本語翻訳

ウェブサイト の翻訳にご協力いただいたCana Latte様、誠にありがとうございました。彼女のYouTubeチャンネルはこちら見てください。すべての翻訳ミスはイグナティウス・レーキによるもの。

ありがとうございます

イグナティウス・レーキの日本語が不十分であることをお詫びします。またNinjin Art(ニンジンアート)を訪れてくれたことに感謝し、ぜひまた訪れて、お友達にも教えてあげてほしいと願っています。素晴らしい一日をお過ごしください。

本サイトに掲載されているすべてのテキスト、グラフィック、音楽、動画は、特に断りのない限り、イグナティウス・レーキによって作成されたものです。したがって、これらの作品の著作権はイグナティウス・レーキに帰属します。書面による許可なしに複製することはできません。

バンドやミュージシャンなど、他の人物や団体によって作成されたものは、許可を得て使用してます。詳細はこちら

ninjin-IDENT-300x214px
alien-newsletter-pic
alien-newsletter-pic